おすすめ飲食スポット

 

 

「食い倒れ」のまち大阪のミナミ

 

 

いい店を探して、どんどん街で外食しましょう。

「京の着倒れ、江戸の履き倒れ、そして大坂の食い倒れ」といわれたほど、大阪人は美味しいものに労を惜しみません。ミナミに来たら、食べることそのものが観光。食事付きの宿泊も便利ですが、せっかくミナミに来たら、貪欲に地元店を体験しない手はありません。といっても、何を食べたらいいかしら?とビジターに聞かれることが意外と多いです。あなたに、ミナミでの食の楽しみ方を提案いたします。

 

大阪は素材と出汁(だし)で美味しくいただく

大阪が天下の台所とよばれた江戸時代、日々全国から旬の素材が集まってきました。また、北前船で入ってくる真昆布で、色は透き通り、うまみ味があって香のよい出汁を料理に用いていました。この出汁で食材をひきたて、見た目でお客様を楽しませ、むだなく食材を使う感覚を、料理人は脈々と受け継いできました。大阪の食べものは、特定のジャンルというより、料理の技術に特徴があるといえましょう。ですから、大阪独特のメニュー、一般的なメニューだけど大阪で有名な店、地元民がいくお店、いろいろチャレンジしてみましょう。一見さんでも、気兼ねなくのれんをくぐりましょう。ただし、郷に入らば郷に従え。旅人とお店と長くお付き合いする一期一会の気持ちで、食事の時間を楽しんでください。

 

大阪の伝統的な料理

大阪のお寿司といえば、握りではなく、木箱で押す「大阪寿司」。サバやコダイ、たまご、アナゴなどをネタに、昆布でしめたシャリの美味しさをどうぞ!夏の季節ならハモ料理。酢味噌や梅肉でいただきます。戎橋筋の大寅かまぼこでは、今ではめずらしい「鱧の皮の一枚物」を小売しています。はりはり鍋は、鯨の肉と水菜のお鍋。千日前の徳家がオススメで、女将はミナミの有名人。ふぐ料理は大阪が消費量日本一、冬なら鍋でいただきましょう。法善寺の浅草は老舗です。関東煮(おでん)も大阪で発達したもの。昆布やかつおダシ、豊富な食材のエキスがまったりとした美味しさを醸し出します。やはり法善寺横丁の和乃子(かずのこ)が秀逸。