沿革・商店街のご紹介

 

 

商店街のご紹介戎橋筋商店街ブランド計画

 

 

なんば遊覧ムービー

世界最大級の繁華街ミナミ。
そんなミナミの花道、戎橋筋商店街を動画でご紹介!

 

 

 

商店街のご紹介

 

商店街組織のあらまし

名 称 戎橋筋商店街振興組合(平成元年4月26日法人設立) 当商店街は、大正2年には戎橋筋綜合会、戎橋筋商店会を経て、商店街振興組合(法人)へと改組しました。
組合員数 約100
延長距離 約370m(高島屋大阪店から戎橋までの区間)
道路幅員 約6m
通行客数 休日10万人、平日5万人
事務所 大阪市中央区難波3-5-17 北極星ビル4階

 

 

 

商店街の沿革

詳しくは「商店街の歴史」をご覧ください。
船場や島之内から十日戎にお参りする道筋として、また芝居町・道頓堀の行き帰りに楽しめる街として賑わい、17世紀中頃から幕末にかけて商店街が形成されました。

 

明治時代に入ると、日本最古の私鉄・旧阪堺鉄道(現南海電鉄)難波駅(1885)が完成、御堂筋線難波駅の開通とともに高島屋難波店が開業(1932)、戦後は大阪球場開設(1950)、近鉄難波駅開通と地下街虹のまち(現なんばウォーク)(1970)が開業するなど、なんばターミナル地区が大きく発展します。

 


平成の戎橋架け替え

なんばシティ(1978)、アメリカ村や長堀、南船場、堀江地区へと繁華街が拡大する一方、伝統的なミナミ中心部の地盤沈下が顕著になり、郊外の商業地との競合が強まる中で、通行客も徐々に減少傾向となりました。

 

平成に入り、道頓堀川水辺整備事業(2005〜)、なんばパークス、東宝南街会館の建替えにより、なんばマルイと関西有数のシネコン・TOHOシネマズなんばの開業(2006)、新しい戎橋の架け替え完成(2007)、阪神なんば線開通(2009)、南海ターミナルビルの再整備と髙島屋大阪店の増床(2010)などの都市再生が進みました。

 

戎橋北詰にH&M戎橋店が出店(2010)、その後は戎橋筋~心斎橋筋の南北動線にカジュアルファッション店の集積が進みました。

 

 

 

当商店街の振興の方針と展望

商店街周辺では今後、元精華小学校跡地利用、南海なんば駅前広場の歩行者空間化構想(出典:なんば安全安心にぎわいのまちづくり協議会)、道頓堀川開削400周年事業、といった動きがあります。

 

 

大阪らしさを感じる「道頓堀やなんば」を訪れたいニーズは高く、観光ビジターは年々増加傾向にあります。出立地の範囲は、日本各地はもとより、台湾、香港、中国、韓国、マレーシア、タイ、インドネシア、豪州はじめアジアを中心に世界各地に広がっています。

 

私たちは、ミナミがもつ固有の魅力~個性的な店舗群、道頓堀や法善寺横丁など歴史性、食文化や芸能文化、歩行者中心の都市空間など~都市的な魅力をより一層高めてエリアで集客し、当商店街はそのミナミのメインストリートにふさわしい個性や環境を整えていく考え方を基本にしています。

 

そのため、平成24年度に戎橋筋商店街ブランド計画を決議し実行しています。安全・安心面についてミナミ歓楽街環境浄化推進協議会を通じて、迷惑行為を是正する条例強化や取締りの強化を実現しています。また近隣の商店街が協力し、はみ出し陳列の是正、よりよいテナントを誘致するための取り組みも着手しています。

 

戎橋筋聯合会が結成されたのは大正2年、平成25年には100周年を迎えて記念事業を展開し、「戎橋筋ブランド」の確立をはかるとともに、平成25年にはアーケードの大規模改修を実施します。


マナー改善のキャンペーン

 


御堂筋一斉清掃

 

 

 

戎橋筋商店街ブランド計画

 

基本コンセプト(基本目標)

安心・清潔 にぎわいあるミナミの花道

なんば戎橋筋商店街

 

 

 

めざすべき姿(方向性)

【1】 3世代や友だちとブラっとお出かけし、
交流できる「ご縁」と「福」を結ぶ商店街でありたい。

  • 江戸時代から、十日戎の参道沿いに発展し今日がある「えびす」の由来を大切に、訪れる方、働くものに福をよぶ、縁起のよさを感じる街をめざします。
  • 人々がここに集い、歩き語らい、お買物を通じて世代をつなぎ、思い出をつむぐ存在でありたい。
【2】 なんば駅上にある、清潔・便利で、安心してご利用いただける商店街でありたい。
  • 4つの「なんば駅」上にある便利さを活かして、また歩きたい、利用したいと感じる、清潔感と心地よさを何より大事にします。
  • 先達が築いた信用を受け継ぎ、世界的繁華街の中心商店街の名に恥じない、安心してわくわくして買物いただける一流の商店街をめざします。
【3】 大阪らしい、にぎわいと人情味のある商店街でありたい。
  • 老舗からチェーン店、大型店まで、多彩なお店が調和して大阪らしい活気を大切にします。
  • 何でもありではなく創意工夫ある商い、形式的でない人柄が感じられる確かな接客を行います。
  • 国内外から来られるお客様に大阪人との一期一会を感じられる親切なおもてなしを行います。

 

 

ロゴとシンボルキャラクター

当商店街では公式のロゴ「なんば戎橋筋商店街」を使用しています。
また、シンボルキャラクター「えびたん」は、商売繁盛の神である「えびす」をキャラクター化したものです。世界的なイラストレーターの黒田征太郎氏(K2)がデザインしたものです。