なんば戎橋筋商店街公式サイトへようこそ!
  • 日本語
  • 中文繁体字
  • 中文簡体字
  • 한국어
  • English
世界最大級の繁華街、大阪ミナミのど真ん中
  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
トップページ商店街イベント > 100周年プロジェクトが続々!
旧サイト特集の為幅調整しております。

100周年プロジェクトが続々!


その3)老舗4店舗が100周年記念戎橋筋ブランド商品を開発

福の贈りもの「戎福よせ」

戎橋筋商店街の「551蓬莱本店」「大寅難波戎橋筋本店」「をぐら屋大阪戎橋筋本店」「丹青堂本店」4店合わせて創業500年超!?のパワーを結集、「豚まん」「焼き通し蒲鉾、梅焼」「はし大判、山海昆布」「謹製季節のはがきセット」を詰め合わせました。とってもお値打ちで贈答向けに手頃です。限定商品ですので通信販売のみにさせて頂きます。5,250円(税込、送料無料)お問い合わせは、0120-047-551(551蓬莱通販窓口まで)

戎福よせパンフ_表面(PDF:1.24MB)

戎福よせパンフ_裏面(PDF:1.48MB)

 

その4)江戸時代から今日までを綴る、商店街の歴史本を刊行

戎橋筋商店街 百年物語

戎橋筋発祥からおよそ400年、近代的商店街組織結成から100年を迎える今年、創業100年を超えるあの店この店から、なんばマルイまで様々なお店のエピソードや商店街のヒストリーやできごとが満載の記念冊子を発行します。商店街の商人と大阪市史編纂所の古川武志さん、大阪が誇るタウン冊子「大阪人」ライターの水嶋眞弓さんがタッグを組んで、現在、取材&調査中。商店街内で配布するブックレット版を5月に、フル冊子版を秋に発行予定です。

 

その5)

堺屋太一氏 (作家・経済評論家)
100周年記念講演会「ミナミの次の100年」

日時:5月16日(木)15:30〜16:30
場所:スイスホテル南海大阪
堺屋太一氏(作家・経済評論家)

世界的繁華街である大阪ミナミが、世界中、日本中の人々が集うエリアとしての都市魅力を保ち続けるには、これからの100年、何を考え行動していけばよいか。
道頓堀川開削400周年記念事業プロデューサーに就任された堺屋太一氏をお招きし、商人や市民がともに学び、考える機会とします。その中から戎橋筋商店街として次の100年を学びとりたいと考えております。

 

その6)平成のアーケード大改修。安全安心・省エネ商店街。

第1弾、この春、ゲート照明をLED化。

戎橋筋のアーケードは平成7年に完成して17年がたちます。そこで、一年間をかけて全面リニューアルを実施。照明デザイナーで京都造形芸術大学客員教授の長町志穂さんに参画いただき、すべての電気照明をLEDに変更の上、あかりをデザイン、その第一弾としてこの春、当商店街の顔であるシンボルゲートのLED化を実施、電気代をなんと6割もカット。さらに、防災スピーカーや屋根の葺き替えなど、安全安心で明るいアーケードに大変身しますので乞うご期待。

 

その7)商店街の顔「ロゴ」を変更

のぼり、ハッピをリニューアル

地下鉄御堂筋線、四つ橋線、南海電車、近鉄電車、阪神電車の5つの「なんば駅」上にある戎橋筋商店街を表わすキャッチフレーズを「なんば戎橋筋商店街」のロゴとしてデザイン、また、今宮戎神社の十日戎の参道としての歴史から「福笹」を「戎」の字の一部にあしらいました。のぼり、ハッピは福笹の緑と商店街の元気と賑わいをオレンジ色で表現しています。ハッピの袖を裏返すと、歌舞伎の舞台で使われる定式幕のデザインをモチーフにしています。

旧サイト特集の為幅調整しております。

PAGETOP