をぐら屋八代目×道頓堀今井三代目=大阪の味
昆布の効能、大阪のだしのとり方、料理法お教えします。

★ 2022/11/12(土) 10:00~11:15(お食事は終了後) 16名様
ユネスコ無形文化遺産に登録された和食と「だし」。グルメのまち大阪のだしのとり方を身につけて料理で活かしてください。
最初に、だし昆布の歴史や効能を紹介し、効き昆布だし産地当てクイズを体験。続いて道頓堀今井の出汁のとり方とお料理のレシピを特別に紹介。講座終了後は体験博特製弁当をお楽しみいただきます。会場は道頓堀今井本店です。
今回特別に、昆布を手軽に無駄なく料理に使える新商品「をぐら屋の細刻み昆布」を使ったお料理とお土産をご提供します。
応募の前に必ずお読みください
*18歳以上の方が対象です。乳幼児の同伴もご遠慮ください。
*参加費3000円(税込、お一人様、特製弁当とお土産) 受付時に受領いたします。
*実際の店内での体験となるため、必ずスタッフの指示に従ってください。
*写真撮影は可能です。筆記用具は各自でご用意ください。

*必ず申込ご本人が参加してください。他の方には譲渡、転売できませんのご注意ください。
(お二人で申し込みの場合は申込ご本人が参加ください。同伴の方の変更は可能です。)
*新型コロナウイルスの感染拡大の状況により募集中、募集後に中止する場合があります。あらかじめご了承ください。

商人やミナミゆかりの多彩な講師陣!

lecture

池上時治郎(をぐら屋大阪戎橋筋 8代目) http://www.ogurakonbu.co.jp/
1848年創業、大阪の出汁文化を支える「天然真昆布」や、日本有数の職人が手掛ける手すきおぼろ・とろろ昆布など、昆布一筋に168年目を迎える「をぐら屋大阪戎橋筋」の8代目。

【ゲスト】今井徹(道頓堀今井 3代目) http://www.d-imai.com/
道頓堀に店を構える老舗の3代目。出汁の今井と称される「うどん」の名店ですが、割烹料理の技とあいまって、美しく美味しいお料理を提供されています。実は、戦争前は楽器店、江戸時代は芝居茶屋を営んでいました。大阪ミナミのだし文化を受け継ぐ秘伝のレシピを教えていただきます

会場

Place

道頓堀今井
大阪市中央区道頓堀1-7-22

開催要項

日時 2022/11/12(土)
10:00~11:15(お食事は終了後)
場所 道頓堀今井
参加費 3,000円
応募 募集終了

過去の体験記